一般診療

虫歯治療

 虫歯とは

お口の中には多数の細菌が存在します。
歯ブラシの磨き残しから、歯垢(プラーク)が作られ、細菌の住み家となります。
その、細菌は糖分から酸を作り出し、その酸によって歯が溶かされて歯に穴が開いてしまう現象を虫歯といいます。

.gif

1114.png

 

 

虫歯に油断は禁物です。
虫歯は、いったんなると自然に治癒することはなく、進行すればするほど治療が難しくなるため、早めの対応が必要です。

 

虫歯の分類・治療法

虫歯は進行状況によってCo~C4の段階に分類されます。

.gif

 

 C0

ごく初期の虫歯。
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。
歯に穴はなく、自覚症状はありません。

―治療―
    適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

 
 C1

歯のエナメル質が溶けて黒くなっている状態。ほとんど症状はありません

―治療―
    虫歯に侵された部分を削り、白い歯科用の樹脂で詰めます。

 
 C2

エナメル質から象牙質まで虫歯が進行した状態。
冷たいもの、甘いものがしみるようになり始めます。
自覚症状がない場合が多いです。

―治療―
    虫歯に侵された部分を削り、白い歯科用の樹脂もしくは、インレー(詰め物)で覆います。
    治療は、1,2回で終わりにできます。

 
 C3

象牙質から神経まで虫歯が進行した状態
熱いものがしみるようになり、激しい痛みを伴うことがあります。

―治療―
    神経を取り除き、神経の管を消毒して(根幹治療)、クラウン(被せもの)で修復します。
    治療には1~2か月かかることが多いです。

 
 C4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯の根も溶けてしまった状態
痛みがなくなり、根の先にある顎の骨に細菌が侵入することがあります。

―治療―
    歯を抜くことになることが多いです。
    歯を失った後は、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療により、機能を回復していきます。

歯がないところへの治療法

1114.png

・ブリッジ・

失った歯の両隣の歯を削り、連なった人口の歯で橋を架けるように被せることで機能回復をさせる方法です。

メリット  :

入れ歯より高い安定性と強い咀嚼力を得られる
セラミック系の素材であれば審美的に優れている 

デメリット: 健康な歯を巻き込んでしまう
治療後も支えとなる歯に負荷がかかる
インレーブリッジや接着性ブリッジは耐久性に乏しい
人口歯の下に汚れが溜まりやすい

・入れ歯・

残っている歯に金具をかけすぐに外れないようにし、失った歯のところをプラスチックで補う治療法

メリット  :

ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効
健全な歯を削らずに補うことができます
取り外しができるのでお手入れが簡単 

デメリット: バネによる隣の歯への負担が大きくなります。
咬む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになります。
取り外して手入れをする必要があります。
口の中で動きやすく、痛みが伴うことがあります。
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
発音しにくい場合があります。
違和感があります。
審美性に欠けます 

・インプラント・

メリット  :

ブリッジのように、健康な歯を削る必要ない。
(健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなるので、これは非常に大きなメリットです)
見た目が良い。 
咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)が最も高い。(天然歯の約80%)
違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。 

デメリット: 手術の必要性がある
自由診療なので治療費が高い
定期的なメンテナンスを怠ると予想より早くダメになることがある
骨の量が少ないときなどは、この治療法が採用できない場合や骨移植などの必要性がでてくる 
 

歯周病

歯周病とは、歯の周りに歯石がついた状態が続くことによって、歯肉や歯を支える骨が炎症を起こす感染症です。
歯周病は日本人の80%以上がかかっているといわれ、歯を抜く原因の多くを占めます。
初期では、ほとんど症状はありませんが、放置することにより、歯が揺れ始め、歯が伸びた感じになります。そして、歯の位置が変わってしまい、自然に抜け落ちてくる可能性のある病気です。

.gif

-治療-

歯周病の原因である、歯垢、歯石の除去を行い、細菌の住み家をなくしていくことが治療になります。
また、歯科医院で歯垢を除去しても、自宅での歯ブラシが不良であれば、治癒しません。
ご家庭での、口腔ケアが一番の治療法といえるかもしれません。その助けとなるために、ブラッシングの指導、生活習慣の見直しなどの情報をしっかり説明し、口腔清掃状態の改善のお手伝いをしていきます。